産婦人科の診療項目

妊娠して出産する人の為の産科と、それ以外の女性特有の病気を診る婦人科があります。

川崎の個人病院と大学病院の違い

川崎の個人病院のメリット

川崎の個人病院の場合は産婦人科がメインとなりますが、アットホームであり同じお医者さんに診てもらえる病院が多く安心感があります。さらに食事がおいしく豪華であったり個室などサービスが充実していることも。家から近い病院を選べる等小さいながらのメリットがあります。

川崎の大学病院のメリット

川崎の大学病院は医者が数が多い、設備が充実している等の特徴があります。また小児科、内科などの各科がありますので高血圧や糖尿病などの他の懸念材料がある妊婦さんでも安心できます。出産リスクの高い妊婦さんにも柔軟に対応できうるだけのスタッフと設備が整っています。

ホテル並みに整備された病院

カウンセリング

産婦人科というと、妊娠した人が受診するイメージが強いです。確かに妊娠を疑ったらまず産婦人科を訪れ、もう一度正確な妊娠検査を行います。妊娠が確定したら、定期的に通院し母体の状態や胎児に変調や異常はないか検査します。最近ではお産する病棟として、高級ホテルのような施設を兼ね備えた産婦人科を川崎でも見ることができます。そこでは最高のもてなしと、ホテルライクの食事でお産に臨むママを最大限にサポートし快適にお産できるような仕組みになっています。また定期健診の受診に関しても、ITでシステム化され予約時間が近づいたら患者のスマートフォンに連絡が入るような工夫がされています。母体への心身の負担を軽減したり、感染症対策を徹底できるとして多くの患者さんに喜ばれています。

お産以外に不妊や月経不順にも対応

医者

産婦人科は定期健診とお産だけに特化した病院ではありません。婦人科系の病気に全て対応できる病院であり、体に不調を感じたり不安があれば積極的に活用して相談するとよいでしょう。とくに月経不順や生理痛などに悩んでいる女性は多いです。これらについても医師に積極的に相談した方が良いと言えます。月経不順で受診し、子宮検診をうけると子宮内膜症や子宮筋腫が発見されることもあります。最悪の場合子宮肉腫や子宮がんのこともあるので、不調を感じたら早急に受診するのが賢明です。また川崎の産婦人科では夫婦単位での不妊治療なども行っています。夫婦二人で受診することで、不妊症を改善し妊娠に導かれる可能性が高まります。

お産以外で婦人科系の疾患の疑いがあったら

妊婦

産婦人科というとお産と検診のイメージが根強いです。またお産用にホテルのような施設を兼ね備えた産婦人科も、川崎で見られるようになっています。しかしお産以外にも婦人科系全般の相談や治療を受ける事も可能であり、積極的に受診するとよいでしょう。月経不順や生理前症候群で受診し、子宮筋腫や子宮がんが発見されることもあります。不調を感じた時点で早めの受診が大事です。また産婦人科では不妊治療なども行っています。夫婦二人で受診することも可能であり、妊娠の可能性が高まるかもしれません。

広告募集中